LINE登録で「薬剤師が知っておくべき情報まとめ」を配信中詳しくはこちら

2022年診療報酬改定の改定率が決定

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ニュースの要点

2022年度診療報酬改定の改定率が、12月22日に決定した。診療報酬は0.43%の引き上げとなり、医科0.26%、歯科0.29%、調剤0.08%の引き上げとなった。

診療報酬0.43%の引き上げのうち、以下を除くと本体は0.23%の引き上げとなる。

  • 看護の処遇改善のための特例的な対応 +0.20%
  • リフィル処方箋(反復利用できる処方箋)の導入・活用促進による効率化 ▲0.10%
  • 不妊治療の保険適用のための特例的な対応 +0.20%
  • 小児の感染防止対策に係る加算措置(医科分)の期限到来 ▲0.10%

リフィル処方箋について、「症状が安定している患者について、医師の処方により、医療機関に行かずとも、医師及び薬剤師の適切な連携の下、一定期間内に処方箋を反復利用できる、分割調剤とは異なる実効的な方策を導入することにより、再診の効率化につなげ、その効果について検証を行う」となっている。

薬価は1.35%の引き下げだが、不妊治療の保険適用のための特例的な対応+0.09%があり、実勢価等改定は ▲1.44%となった。材料価格は0.02%の引き下げとなった。

詳細は以下の資料をご確認ください。

出典:厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/content/12401000/000870701.pdf

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる