LINE登録で「薬剤師が知っておくべき情報まとめ」を配信中詳しくはこちら

「アンプリット錠10mg」を自主回収(クラスⅡ) 【第一三共】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ニュースの要点

第一三共は1月28日、抗うつ薬のアンプリット錠10mg(一般名ロフェプラミン塩酸塩)について、一部ロットの自主回収(クラスII)を開始したと発表した。製品出荷試験のうち、含量試験において製造販売承認書と異なる方法で試験を実施していたことが判明したとしている。

回収対象となるのは、2021年2月1日~2022年1月20日にかけて出荷されたPTP100錠(製造番号:OAA0094、OAA0096)およびバラ1000錠(製造番号:OAB0095、OAB0096)。

バラ 1000 錠については、今回の自主回収に伴い欠品となる。

詳細は以下の資料をご確認ください。

出典:日本医療法人協会ホームページ(https://ajhc.or.jp/siryo/f20220128.pdf

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる