LINE登録で「薬剤師が知っておくべき情報まとめ」を配信中詳しくはこちら

新型コロナウイルス感染症治療薬の承認について「アクテムラ点滴静注用」【厚労省】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ニュースの要点

厚生労働省は1月21日に、中外製薬の「アクテムラ点滴静注用 80 mg、同点滴静注用 200 mg、同点滴静注用 400 mg」(一般名:トシリズマブ(遺伝子組換え))について、新型コロナウイルス感染症に関する効能・効果の追加に係る承認を行った。

追加する効能・効果
SARS-CoV-2 による肺炎(ただし、酸素投与を要する患者に限る)

追加する用法・用量
通常、成人には、副腎皮質ステロイド薬との併用において、トシリズマブ(遺伝子組換え)として1回8mg/kg を点滴静注する。症状が改善しない場合には、初回投与終了から8時間以上の間隔をあけて、トシリズマブ(遺伝子組換え)として8mg/kgを1回追加投与できる。

詳細は以下の資料をご確認ください。

新型コロナウイルス感染症治療薬の承認について 厚生労働省(2022年1月21日)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる