LINE登録で「薬剤師が知っておくべき情報まとめ」を配信中詳しくはこちら

新型コロナワクチン接種後の発熱や痛みにNSAIDsも使用可【厚労省】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ニュースの要点

厚生労働省は、ウェブサイト「新型コロナワクチンQ&A」の「ワクチンの安全性と副反応」にて、ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛剤を飲んでもよいかとの項目に、アセトアミノフェンや非ステロイド抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェン)も使用できるとした。

ワクチンを受けた後、症状が出る前に、解熱鎮痛薬を予防的に繰り返し内服することについては、現在のところ推奨されていない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる