LINE登録で「薬剤師が知っておくべき情報まとめ」を配信中詳しくはこちら

インフルエンザの発生状況について(11月20日~11月26日)【厚労省】

ニュースの要点

厚生労働省は12月1日、令和5年第47週(11月20日~11月26日)分のインフルエンザの発生状況を公表した。

全国の定点当たりの報告数は28.30となり、前週の21.66から大きく増加した。また、報告数の総数は139,914となった。(前週は106,940)

定点当たり報告数の都道府県別では、北海道51.90/長野県51.83/佐賀県49.67/宮城県43.78/長崎県43.67となっている。

2023/24シーズンのインフルエンザ流行レベルマップ【国立感染症研究所】

2023年第47週(11月20日~11月26日) 2023年11月29日現在

  • 2023年第47週の定点当たり報告数は28.30(患者報告数139,914)となり、前週の定点当たり報告数21.66よりも増加した。都道府県別では北海道(51.90)、長野県(51.83)、佐賀県(49.67)、宮城県(43.78)、長崎県(43.67)、福岡県(41.44)、熊本県(39.23)、福島県(38.38)、鳥取県(38.17)、山形県(35.07)等。
    44都道府県では前週の報告数よりも増加し、3都道府県では前週の報告数よりも減少した。
  • 定点医療機関からの報告をもとに、この1週間に、定点医療機関以外の医療機関を含む全国の医療機関を受診した患者数を推計すると、約95万人(95%信頼区間:88.4~101.7万人)となり、前週の推計値(約74.2万人)よりも増加した。年齢別では、0~4歳が約9.3万人、5~9歳が約23.1万人、10~14歳が約20.2万人、15~19歳が約9.6万人、20代が約6万人、30代が約8万人、40代が約8.8万人、50代が約4.7万人、60代が約2.9万人、70歳以上が約2.4万人となっている。また、2023年第36週以降これまでの累積の推計受診者数は約597.5万人となった。
  • 全国の保健所管轄区域で、警報レベルを超えている区域は249か所(44都道府県)で、注意報レベルを超えている区域は250か所(44都道府県)であった。

詳細は以下の資料をご確認下さい。

出典:厚生労働省ホームページ(https://www.mhlw.go.jp/content/001173329.pdf

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次