LINE登録で「薬剤師が知っておくべき情報まとめ」を配信中詳しくはこちら

経口抗ウイルス薬(パキロビッド®パック)の医療機関及び薬局への配分について【厚労省】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ニュースの要点

厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部は2月10日、「新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(パキロビッド®パック)の医療機関及び薬局への配分について(承認直後の試験運用期間)」の事務連絡を発出した。

2月10日に新型コロナウイルス感染症の治療薬として特例承認され、製造販売業者(「ファイザー株式会社」をいう。)からパキロビッドが供給され次第、国内での使用が可能となるが、現状、安定的な供給が難しいことから、一般流通は行わず、当面の間、厚生労働省が所有した上で、パキロビッドを配分するとしている。

また、パキロビッドについては併用禁忌の薬剤が多数あること等から、慎重な投与が必要との専門家の意見があり、日本医師会・日本薬剤師会とも連携のうえ、令和4年2月27日までの間は承認直後の試験運用期間として配分を行うこととなる。

新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(パキロビッド®パック)の医療機関及び薬局への配分について (承認直後の試験運用期間) 厚生労働省(2022年2月10日)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる