LINE登録で「薬剤師が知っておくべき情報まとめ」を配信中詳しくはこちら

副腎ホルモン剤などの使用上の注意改訂【厚労省】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ニュースの要点

厚生労働省は5月13日に、「『使用上の注意』の改訂について」を発出し、製薬メーカーに改訂を指示するとともに、医療現場に対し注意喚起を行った。

副腎ホルモン剤について、以下の副作用が記載された。

  • 褐色細胞腫やパラガングリオーマの患者(その疑い含む)は治療を優先すること
  • 「褐色細胞腫クリーゼ」があらわれることがあるため、慎重な投与をすること
  • 本剤投与後に著明な血圧上昇、頭痛、動悸等が認められた場合は、褐色細胞腫クリーゼの発現を考慮した上で適切な処置を行うこと

抗菌剤について、以下の副作用が記載された。

  • テイコプラニン(製品名:タゴシッド)について、新たに「急性汎発性発疹性膿疱症」

「使用上の注意」の改訂について 厚生労働省(2022年5月13日)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる