LINE登録で「薬剤師が知っておくべき情報まとめ」を配信中詳しくはこちら

【最新版】腎臓病薬物療法専門薬剤師について徹底解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

腎臓病薬物療法専門薬剤師とは

腎臓病薬物療法専門薬剤師は、透析・腎移植を含めた慢性腎臓病(CKD)や急性腎障害など、未熟児から高齢者までいる患者に対して、腎臓に関わる薬物適正使用を推進することが求められており、腎臓病薬物療法認定薬剤師として経験を積んだのちにさらに質の高い腎臓病薬物療法を提供するために実務・教育・研究に従事する薬剤師です。

腎臓病薬物療法専門薬剤師の仕事

腎臓病薬物療法専門薬剤師は、主に次のような場所で活躍しています。

  • 病院
  • 薬局

腎臓病薬物療法専門薬剤師になる方法

STEP
腎臓病薬物療法認定薬剤師の認定を取得し、3年以上勤務する
STEP
所定の学会発表回数や論文投稿を満たす
STEP
申請書類提出
STEP
認定試験受験
STEP
試験結果の通知および登録

専門認定証の交付、学会ホームページにて氏名及び所属施設名を公表

STEP
5年ごとに更新

腎臓病薬物療法専門薬剤師の認定試験

申請資格

  1. 腎臓病薬物療法認定薬剤師として、腎臓病および透析患者の薬物療法などに関連する医療に3年以上携わっていること
  2. 申請時において、学会の会員であること
  3. 日本腎臓病薬物療法学会(日本腎と薬剤研究会も含む)、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本医療薬学会、日本薬剤師会学術大会などの全国レベルの学会や関連する国際学会において、腎臓病および透析患者の薬物療法に関する学会発表が、申請年の直近10年間で5回以上(うち、少なくとも 2 回は筆頭発表者)、複数査読制のある国際的あるいは全国的学会誌・学術雑誌に腎臓病薬物療法に関する学術論文の投稿が3編以上(うち、少なくとも1編は筆頭著者)の全てを満たしていること

申請期間

2021年5月1日(土)〜5月31日(月)【必着】

試験日程・会場

2021年8月1日(日)

大阪コロナホテル(新大阪)
〒533-0031 大阪府大阪市東淀川区西淡路 1 丁目 3-21

認定費用

書類審査料(症例審査料含む):11,000 円

認定試験受験料 :16,500 円

出題範囲・形式

多肢選択方式100問

薬剤師がチーム医療・地域医療において腎領域における薬物療法に貢献するために求められる医療薬学分野

更新条件

  1. 継続的に本学会会員であること
  2. 専門薬剤師として腎臓病薬物療法に貢献した活動履歴を提出すること
  3. 日本腎臓病薬物療法学会が示す単位基準の修得単位が、更新年の直近5年間で16単位以上あること。ただし、16単位のうち、本学会主催の学術集会への参加に係る単位の合計として3単位以上必要であり、かつ毎年1単位以上履修していること
  4. 学会が指定する指定講演を2回以上受講していること
  5. 日本腎臓病薬物療法学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本医療薬学会、日本薬剤師会学術大会などの全国レベルの学会や関連する国際学会において、腎臓病薬物療法に関する学会発表が、更新年の直近5年間で2 回以上(筆頭発表者でなくても可)、複数査読制のある国際 的あるいは全国的学会誌・学術雑誌に腎臓病薬物療法に関する学術論文の投稿が更新年の直 近5年間で1編以上(共著可)の全てを満たしていること

更新申請期間

2021年11月12日(金)〜12月10日(金)【必着】

更新費用

書類審査料(症例審査料含む):11,000 円

おわりに

この記事の内容は、執筆時点での最新情報になります。腎臓病薬物療法専門薬剤師になりたいと思った方は、必ず日本腎臓病薬物療法学会のサイトで詳細を確認してください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる