LINE登録で「薬剤師が知っておくべき情報まとめ」を配信中詳しくはこちら

調剤報酬等に係る届出の調査報告書【NPhA】

ニュースの要点

日本保険薬局協会は6月16日、「調剤報酬等に係る届出の調査報告書202305」を公表した。

調査結果 Summary(抜粋)

2023年4月より地域支援体制加算に係る経過措置が終了し、加算割合は▲1.9%となった。
「300薬局以上(20社)」においてはほとんどの薬局が要件ハードルが高く、点数が低い加算3、4が適用されることになり、データ上から薬局の機能強化を推進している状況が伺えるものの加算割合は▲7.7%、その影響額は月間▲12億円、年間▲145億円と試算され、今後も機能強化への取り組みがより一層推進されることが見込まれる。一方で、地域連携薬局の58.6%、専門医療機関連携薬局の70.3%を占めており、総じて機能が高い薬局が多い傾向が伺えた。
また、地域支援体制加算と地域連携薬局の重なりを見ると、加算1(39点)を算定している薬局の認定割合は1.6%、加算2(47点)では12.0%、加算3(17点)では24.7%、加算4(39点)では61.4%でとなっている。

詳細は以下の資料をご確認下さい。

出典:日本保険薬局協会ホームページ(https://secure.nippon-pa.org/pdf/enq_2023_06.pdf

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次