LINE登録で「薬剤師が知っておくべき情報まとめ」を配信中詳しくはこちら

不妊治療に用いられる医薬品による卵巣過剰刺激症候群について【PMDA】

ニュースの要点

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は4月26日、「医薬品適正使用のお願い」を発出した。

不妊治療において排卵誘発や調節卵巣刺激に用いられる医薬品の副作用として卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が知られており、添付文書等で注意喚起がされている。OHSSに関する副作用報告数や副作用救済給付の決定件数は近年増加傾向であり、なかには中等症OHSSに相当する所見が認められても調節卵巣刺激等の治療が継続されている症例が確認されている。

詳細は以下の資料をご確認ください。

出典:医薬品医療機器総合機構ホームページ
https://www.pmda.go.jp/files/000246249.pdf

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次