LINE登録で「薬剤師が知っておくべき情報まとめ」を配信中詳しくはこちら

【最新版】日本褥瘡学会在宅褥瘡予防・管理師について徹底解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

日本褥瘡学会在宅褥瘡予防・管理師とは

日本褥瘡学会在宅褥瘡予防・管理師(以下、在宅褥瘡予防・管理師)は、褥瘡の予防と治療について専門的な目線で在宅医療のチームを支える役割を担っています。

在宅褥瘡予防・管理師の仕事

在宅褥瘡予防・管理師は、次のような場所で活躍しています。

  • 在宅医療を提供している病院
  • 訪問看護ステーション

在宅褥瘡予防・管理師になる方法

STEP
日本褥瘡学会の会員になる
STEP
在宅褥瘡セミナーまたは在宅褥瘡 e-ラーニングの受講
STEP
申請書類の提出
STEP
認定審査

筆記または口頭の試験を年1回実施。日時は実施6ヶ月前に公示。

STEP
審査結果の通知、登録および認定証の交付

認定証は交付から5年間有効。所定の更新申請書類を提出すること。

在宅褥瘡予防・管理師の認定要項

申請資格

  1. 看護師(准看護師を除く)、医師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士いずれかの免許を有し、取得から4年以上経過している者
  2. 資格申請時に、学会会員であること
  3. 2年以上在宅療養に従事し、褥瘡の予防および医療に関与していること
  4. 日本褥瘡学会在宅医療委員会主催の在宅褥瘡セミナーの受講証明書を有すること、または日本褥瘡学会在宅褥瘡 e-ラーニングの完全受講歴があること

申請受付期間

2021年2月1日(月)〜3月31日(水)【消印有効】

認定費用

審査料:3,000円(申請書類提出時に支払い)

登録料:3,000円(審査合格後に支払い)

※更新時も同額の支払いを行う

おわりに

この記事の内容は、執筆時点での最新情報になります。日本褥瘡学会在宅褥瘡予防・管理師になりたいと思った方は、必ず日本褥瘡学会のサイトで詳細を確認してください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる