LINE登録で「薬剤師が知っておくべき情報まとめ」を配信中詳しくはこちら

ウェアラブルデバイスを用いた1年間の生活習慣データを取得する共同研究を開始【東北大学東北メディカル・メガバンク機構等】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ニュースの要点

東北大学東北メディカル・メガバンク機構、第一三共、武田薬品、MICINは5月23日、ウェアラブルデバイスを用いた1年間の生活習慣データを取得する共同研究を開始したと発表した。

発表のポイント
  • ウェアラブルデバイスを 2,000 人の方に装着いただき、睡眠状態・心拍・活動量などの生活習慣に関するデータを長期間にわたって取得することを計画しています。
  • 取得したデータは、東北メディカル・メガバンク計画のコホート調査 で既に取得しているデータと合わせて関連解析を行います。
  • この研究が、ウェアラブルデバイスに基づく個別化ヘルスケア時代に向けたモデルケースとなり、国内外における同様のプラットフォームの更なる構築や利活用を牽引することが期待されます。

詳細は以下の資料をご確認ください。

出典:東北大学ホームページ
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20220523_02web_wearable2.pdf

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる